イオンカードのときめきポイント

イオンカードやイオンの提携カードには、イオンマークが付いています。このイオンマークが付いているイオンカードを利用すると、利用金額に応じてポイントが貯まります。このイオンカードを使うと貯まるポイントをときめきポイントといいます。ときめきポイントは貯め方も使い方もとても簡単です。賢く貯めて、賢く使うと非常にお得になるときめきポイントが付与されるのはイオンカードだけです。イオンカードはイオンやマックスバリューなどでのお買い物でも利用ができますので、主婦に大人気のクレジットカードです。店舗での買い物以外にも色んな使い方がありますので、それを上手に利用して効率よくときめきポイントを貯めていきましょう。

イオンカードのときめきポイントは、カードショッピング200円(税込)ごとに1ポイント付与されます。買い物1件ごとに計算されますので、200円未満の端数は切り捨てになります。300円の買い物を2回行うと、1ポイントのときめきポイントが2回付与されることになります。貯まったときめきポイントは、1000ポイントから色んな商品や電子マネー、他のポイントなどと交換することができます。ときめきポイントの獲得期間は、自分の誕生日が起算日となります。誕生日月の11日から翌年の誕生日月の10日までに獲得したポイントが応募の対象となります。また貯まったときめきポイントを翌年ね繰り越すことができます。商品などの応募期間は、ポイントが付与された翌月25日ごろから翌々年の誕生日月の月末までです。

イオンカードの貯まったときめきポイントはどのような商品などに交換できるかというと、商品と交換する場合は、キッチン用品やリビング用品、ファッション、化粧品やジュエリー、グルメやレジャーグッズなどと交換できます。ときめきポイントがたくさんあるほど当然ですが良い商品と交換できます。商品と交換しない場合でも、イオンカードに付帯しているWAONポイントへ交換することもできます。交換レートはときめきポイント1000ポイントがWAONポイント1000ポイントになります。ポイントへの交換は、ワオンだけではなく、JALマイレージバンクのマイルやドコモポイント、Suicaへのチャージ、ベネッセポイント、E-NEXCOポイント、ETCマイレージサービスの無料通行分へ移行することもできます。それぞれの交換レートは、それぞれときめきポイント1000ポイントを交換した場合で、JMBマイル500マイルに、ドコモポイント1000ポイントに、Suica1000円に、ベネッセポイント1000ポイントに、E-NEXCOポイント1200ポイントに、ETCマイレージサービスの無料通行分1000円に、それぞれ交換することができます。その他のイオンカードのときめきポイントの使い方は、1000ポイント以上500ポイント単位で寄付をすることができます。また、便利なイオン商品券他色んな商品券や旅行券、食事券などに交換することができます。

イオンカードのときめきポイントを効率よく貯めるためには、買い物で利用するのはもちろんですが、イオンなどでのお買い物では、『お客様わくわくデー』という毎月5のつく日は全国のイオン、ビブレ、マックスバリュー、メガマート、スーパーセンター、ミニストップの店舗で買い物をすると、ときめきポイントが2倍貯まります。ときめきWポイントデーでは、毎月10日にイオンカードを利用するとポイントが2倍付きます。リボときめき5倍デーでは毎月5のつく日に、イオンカードでリボ払いを利用するとポイントが5倍付きます。買い物以外にも、国民年金保険料や光熱費、携帯電話やプロバイダ料金などの支払いをイオンカードで行うようにしておくと、自然とポイントが貯まっていきます。そして買い物をするなら、ときめきポイントタウンを利用すると手軽にポイントが貯まります。ときめきポイントタウンは、ときめきポイントが付与されるショッピングサイトです。

これらを上手に利用して、ときめきポイントを効率よく貯めて、賢くときめきポイントを利用してみましょう。

イオンカードの様々な特典

オンカードに入会することで、様々な特典を得ることが可能です。例えば、イオンカードは、イオンのお客様感謝デーの際、イオングループ各店舗にて、レジで提示することで割引価格で購入することが可能となっています。イオンお客様感謝デーは、毎月20日と30日に実施され、イオンカード・イオンゴールドカード・イオンオーナーズカード・イオンバンクカード・イオンシニアクラブカード・イオンコーポレートカード・イオンiD・イオンJMBカードが対象となっており、これらカードを支払い時に提示することで、5%割引で購入することができます(ちなみに、WAONの支払いでも5%割引で購入することができます)ただ、支払いは各種イオンカードで行わなければならない…というわけではなく、現金やイオン商品券、イオンギフトカード・WAON・イオンiDで支払いが可能です(もちろん各種イオンカードでの支払いも可能)このお客様感謝デーに訪れたことのある方はご存知かと思いますが、イオンカードは当日入会も可能となっています。店頭での入会に限り…ですが、イオンカードを所持せずにお客様感謝デーに訪れても、店頭で入会するとその日のうちにイオンカードを利用することが可能となり、5%割引で商品を購入することが可能となります。買い物の金額にもよりますが、5%割引って大きいですよ。

そして、イオンカードを利用すると、クレジットカードの利用金額に応じて上述の通りときめきポイントが貯まります。その貯まったときめきポイントで、商品券と交換したり、電子マネー・提携ポイント・マイルへ移行したりすることができるわけですが、毎月5がつく日に実施されるお客様わくわくデーではときめきポイントは通常時の2倍(全国のイオン店・ビブレ・マックスバリュ各店舗が対象)、毎月10日はWポイントデーではときめきポイントは通常時の2倍、毎月5がつく日はリボときめき5倍デーとしてときめきポイントが通常時の5倍、それぞれプレゼントされます。

ちなみに、お客様わくわくデーの対象となっているカードは、イオンゴールドカード・イオンカード・イオンゴールドカードセレクト(イオンセレクトクラブ)・イオンゴールドカードセレクト・イオンゴールドカード(WAON一体型)・イオンカードセレクト・イオンカード(WAON一体型)・イオンサンデーカード・イオンルネサンスカード・ベネッセ イオンカード(WAON一体型)・イオン首都高カード(WAON一体型)・イオンTHRU WAYカード(WAON一体型)・イオン E-NEXCO pass カード(WAON一体型)・イオンSuicaカード・イオンsaQwaカード・イオンカードKitaca・三菱商事石油…となっています。Wポイントデーの対象となっているカードは、イオンJMBカード・I LOVE代官山カード・ソフトバンクテレコムカード…となっています。そして、リボときめき5倍デーの対象となっているカードは、イオンJMBカード・I LOVE代官山カード・ソフトバンクテレコムカード…となっています。

また、イオンカードに入会することで、旅行やレジャーをお得に利用することが可能です。家族全員で出掛けることができるアウトドアスポットなどの優待施設や、海外旅行をより楽しめるように、世界14ヶ国25ヶ所にイオンワールドデスク拠点が設置されており、困った時などにいつでも立ち寄って相談することができるトラベルサポート、そして、イオンカードで支払うことで、ワーナー・マイカル・シネマズの映画一般料金が、イオンカード会員本人と同伴者大人1名まで300円引きとなる映画鑑賞割引を利用することができます。イオンカードセレクトを利用する場合であれば、500円引きとなりますよ。そして、イオンシネマで映画を鑑賞する場合は、イオンカード払いまたはイオンカードの提示で、イオンカード会員本人と同伴者大人1名まで300円引きとなる他、毎月20日と30日はシネマ感謝デーとして、1,000円で映画を鑑賞することができます(この場合は、イオンカード会員本人と同伴者全員分が対象となります)

更に、イオンマークの付いたカードで購入した1品5,000円以上の商品が、事故や過失によって万が一破損してしまった場合でも、購入日から180日以内であれば、商品が補償されるショッピングセーフティ保険が適用されます。ただし、貴金属類・コンタクトレンズ・自転車などの一部の商品は、補償対象外となっていますので注意して下さい。また、購入した際の利用控えがない場合は、このショッピングセーフティ保険は利用することができませんので、必ず利用控えは、万が一のために保管しておいて下さい。なお、破損してしまった商品は、捨てずに保管しておく必要があります。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。